fbpx
経営全般

美容室の売上の考え方は?売上アップのための基礎を知ろう!

美容室の1日の売り上げの平均額はどのくらいなのだろうか??
美容室は1ヵ月にどのぐらい売り上げをあげれば経営を持続できるのだろうか??

美容室を開業する前はとても気になるものでしょう。

一般的に、1人営業の場合でアシスタントを1名雇った場合の1ヵ月の売り上げは、大体100万円前後だと言われています。

週に25日稼働するのであれば、1日3.5万円。客単価が1万円であれば、1日に3人から4人の来店が目安になります。
もしも1日に5人以上の来店が継続的にあれば、十分に黒字経営を続けることができるのです。

ただ実際には美容室の60%が1年以内に廃業してしまうというデータがあります。
一大決心をして大金を使い開業したにも関わらず、たった1年も続けることができなかったというのです。

そうはならないように、今回は皆さんに、美容室オーナーとして必要な知識
売り上げ算出の仕方を教えたいと思います。

そもそも売上はどう決まる?

売上は客数×客単価です。

客数は技術客数店販客数に分けることができます。
客単価も技術単価店販単価に分けることができます。

そのためそれぞれ別に算出し、最後にそれらを掛け合わせておおよその売り上げを出します。

技術客数を設定しよう

技術客数とは、カットやパーマ、カラーをスタイリスト(またはアシスタント)が行うよな、施術メニューを注文したお客様の人数のことを表します。

技術客数の算出方法はいくつかりますが、まずは
スタイリスト人数×スタイリスト1人あたりの月間技術客数で出してみましょう。

スタイリスト1人が担当できる人数は、そのスタイリストの技術や抱えているアシスタントの数によって変動しますが、
例えば、5名のスタイリストを抱え、各スタイリストの月間技術客数が100名であれば、その美容室の月間技術客数は500名と算出されます。

今度は、セット面から月間技術客数を算出してみましょう。
セット面の数が5面で、1台あたりの平均月間稼働数100人という場合には、月間技術客数は500名となります。

セット面数×セット面1台あたりの月間稼働数でも計算できるのです。

セット面から月間技術客数を算出する場合、いくつか考慮すべき点があります。
例えば、お客様の平均滞在時間です。カット比率の高い美容室と、パーマや縮毛矯正がメインの美容室では施術の時間が異なり、お客様の平均滞在時間も異なります。
また、スタッフがそれだけの客数をこなせるのかといった、スタッフ技術力も考慮する必要があります。

店販客数を設定しよう

店販客数とは、美容室で売っているワックスやトリートメントなどの商品を購入したお客様の数を表します。
お客様のうち何割のお客様が店販を購入するかをもとに計算します。

月間技術客数×店販購入率 で計算をしますので、

月間技術客数が500名、店販購入率が10%であれば、月間店販客数は50名となります。

技術単価とは

技術単価とは、1人あたりのお客様がカットやパーマ、カラー等の施術に支払う料金のことを指し、お客様さまが受けた施術の内容、価格、利用比率から計算されます。

例えば、カット5000円でその利用比率が90%であれば、カットの技術単価は、5000×90=4500で4500円になります。

同じように各メニューの技術単価を金額と利用比率で計算し、それらを合算したものが技術単価となります。
カラーが6000円で利用比率30%であれば、技術単価1800円。
トリートメントが3000円で利用比率が40%であれば、技術単価1200円。

そして、技術単価の合計は7500円となります。

店販単価とは

店板単価とは、美容室で売っているワックスやトリートメント等を購入したお客様1人当たりが支払う料金で、販売する商品の価格、購入比率から計算されます。

技術単価の算出と同じように、商品ごとの単価×購入率で各商品の店販単価出され、これをすべて合算したものが店販単価になります。

2000円のシャンプーで購入率が50%であれば、シャンプーの店販単価は1000円です。
同じように、
トリートメント 1500円×50%=750円
ヘアスプレー 2000円×5%=100円
と計算ができ、この場合の店販単価合計1850円になります。

売上高を算出しよう

ここまでくれば一気に計算ができます。

まずは技術売上。
上記で出した数字を参考に、技術客数×技術単価 500名× 7500円 で技術売上は3750000円となります。

続いて店販売上を考えましょう。
こちらは 店販客数×店販単価 50名×1850円 で店販売上は92500円となります。

最後にこれらを合計すると 3750000+92500=3842500 
売上 3842500円 と計算することができます。

このように売上を算出することで、今の自分達がどのように美容室経営を改善していけそうかを考えることができます。
どこを改善すればいいのかわからなければ、改善のしようがありませんよね。

まずは基本の売上を確認して、理想的な美容室経営を目指しましょう。

無料会員登録者特典!小冊子プレゼント!

小冊子をダウンロードする

実際に美容事業を全国で展開しているオーナーさんの経験や、150ブランド以上のコンサルティングの実績をもとに作成!!

ここでしか手に入らない完全オリジナルの経営・集客・採用の極秘ノウハウが濃縮!!

さらに、形式張ったことでなく、実際に誰でも運用できるような、実践的なノウハウを多数掲載!!